ボーイ隊

 ボーイスカウト隊(以下ボーイ隊)は、小学5年生の9月にカブ隊から上進し、中学3年生の8月にベンチャー隊へ上進するまでの4年間の活動です。
 カブ隊で「組」を体験したスカウトが、スカウト隊で「班」となり、班運営はすべて子供(以下スカウト)が行います。各班班長、次長、会計係、備品係などの役務を決め、班で活動することによってスカウトは社会単位を体験しながら責任を持ち、成し遂げることを学びます。→班制度
 良い社会人としての資質を高めるため、人格(基本)・健康・技能・奉仕の設定された各分野を自ら計画し、進歩課目にチャレンジし、その結果としてスカウトはバッジを取得して名誉と成し遂げた喜びから新たなチャレンジをする。→進歩制度
 野外を教場として、スカウト達の欲求を満足させながら労作教育や自然科学の実習の機会を与え、大自然の中で宗教的情操を養います。
 3つのちかいを「心のおきどとろ」として、8つのおきてを「日常生活の考え方・道しるべ」として自発活動に心がけ、日々の善行を喜んで行い、他の人々のために尽くす努力をすることによってスカウトの理想を目指します。
・スカウトの「ちかい」

 私は名誉にかけて次の三条の実行をちかいます
 仏(神)と国とに誠を尽くしおきてを守ります
 いつも他の人々をたすけます
 からだを強くし心をすこやかに徳を養います


・スカウトの「おきて」

 スカウトは誠実である
 スカウトは友情にあつい
 スカウトは礼儀正しい
 スカウトは親切である
 スカウトは快活である
 スカウトは質素である
 スカウトは勇敢である
 スカウトは感謝の心をもつ


・スカウトのモットー

 そなえよつねに